株式会社 レグラル
 

Social System Creator

  他人に迷惑をかけない、努力した人が報われる
  そんな真っ当な社会システムを構築し
  少子高齢化する日本の潜在力を引き出します


株式会社 レグラル / LEGRAL Co., Ltd.

Concept

Vision

健康は価値

健康であることは、
自身が安心して充実した日々を過ごすことができるのみならず 、医療費の心配もなく、
また、企業はそんな従業員の意欲旺盛な意識に支えられて業績も向上し、
延いては、国や自治体も医療費や税負担を軽減することができるなど、
社会全体にとって大きな価値があります。
健康努力する人が支える共助社会は、健康努力が報われ、健康弱者が救われ、
医療費などの費用が平準化された共助費用として、真の平等を実現し、
他者への思いやりをもって社会貢献する社会です。
健康であることが、
社会にとって高い生活付加価値となり精神的な“健康価値”となります。
健康であることが、
会社にとって高い労働付加価値となり経済的な“健康価値”となります。

大きな負担"逆"格差

健康状態は、人それぞれ大きく異なります。
他者から支えられてばかりの受益者から大きく他者を支える貢献者まで
人によって健康価値にも大きな差異があります。
健康保険など社会保障制度は、健康状態はもちろん健康努力にも無関係で
一律である一方、健康維持には努力のみならず金銭や時間的な負担が必要なことも事実です。
逆に金銭や時間の余裕を生み出すためにも健康が必要です。
大きな健康価値を持ち他者貢献する人は、健康努力が報われるどころか、
むしろ負担は大きく、健康弱者に対して“逆”格差が生じています。
このままでは、健康意欲が削がれて健康価値が減少し、社会を支える人が少ない
高負担社会となり、さらに逆格差が拡大する負のスパイラルに陥ります。

健康価値還元スキーム

大きな負担逆格差の中で、推奨程度では誰も健康努力を払おうとはしません。
痛みや生活不安などの恐怖を実感したり、金銭的な優遇や限定的特権などの
“実益”を享受したときに、ようやく行動に移せる人がほとんどです。
社会負担の総量は一定ではなく、健康価値が増える分だけ減少します。
罹患による痛みなど健康リスクが顕在化する前に健康リスクを実感させ、
健康価値を増やした健康努力する人にだけ、その一部を実益として還元する
スキームがあれば、健康努力実践者を増やし、個人/企業/保険者/国・自治体の負担を
(健康弱者の立場も尊重したまま)減らすことができます。

顧客価値還元スキーム

自分の行動が他人や社会の負担を軽減するのは、健康だけではありません。
無謀運転をせず十分な休養をとって運転すれば自動車保険料は安くなり、
飲食店や宿泊施設で無断/直前キャンセルを避ければもっとサービスを充実できます。
多額に支払う客だけが優良顧客ではなく、節度を持ってサービスを受ける客も優良顧客であり、
健康価値と同様に顧客価値があります。
事業者負担を軽減して生まれた顧客価値を優良顧客にのみ還元するスキームがあれば、
節度ある顧客が増え、サービス水準は向上し、顧客満足度も向上します。

Mission

健康価値還元プラットフォームの提供

健康努力する個人の健康情報の提供を受け健康リスクを評価し、
健康価値が顕在化する企業や行政、サービス事業者から
その一部を本人に還元するプラットフォームを構築し提供します。

健康努力者エージェント

健康努力する個人のエージェント(代理人)として
健康価値が最大限還元されるよう支援します。

Policy

社会負担を増すバラマキ型の健康インセンティブは提供しない

健康価値増加の裏付けのない/上回る健康インセンティブは制度継続が困難で、
社会負担を増加させるだけであるため提供しません。

未然に負担逆格差を解消・健康リスク顕在化後は対象としない

健康努力は、健康リスクが顕在化(すなわち罹患)した後にその結果で評価してはなりません。
あくまでも、顕在化前に予測された健康リスクで評価します。

健康努力のみを評価し、先天的要因は対象としない

健康努力は日常の生活習慣をはじめとする後天的要因を対象とし、
遺伝など先天的要因は評価の対象としません。

医療行為には不介入

診断や医療措置など医療行為は行いません。
自助努力の範疇を超えたと考えられる際には、医療への斡旋までを行うものとします。

Service

Project

健康領域

 
健康価値還元プラットフォームの第1弾として、健康努力支援企業共済”たいせつ”を提供しています。
また、健康努力の必要性を実感し、自身の健康特性を理解していただくため健康リスク予測サービス”マイリスク”を展開しています。
その他、企業・行政・保険者向けに幅広いソリューションを提供してまいります。

健康努力支援企業共済

たいせつ™

自由診療(保険外診療)補償や高額自己負担補償など福利厚生サービスが個人の健診受診状況や生活習慣など健康努力に応じて提供される、従業員を大切にする企業グループ向けソリューション

 

健康リスク予測サービス

マイリスク™

個々人で異なる健康特性を実感を持って理解できるよう、入院や死亡など生活に大きな影響を及ぼす健康リスクを健診結果や日々の測定結果から予測するクラウドサービス
https://myrisk.jp/

保険者機能評価

健保経営分析

健康保険組合本来の機能である共助プラットフォームとしての保険者機能を評価し、経営課題を抽出、将来の経営安定性を分析する保険者向けサービス

 

企業・学校共済

共済運営支援

独自のサービスで競争力や活力を向上させる企業共済や学校共済について、制度設計や設立支援、運営代行など幅広くサポート

 

重病後のサポート

After119W™

がんや脳疾患など、退院後も日常生活に補助を必要とする方に、医療や保険では提供されない物的から精神的に至るまでの幅広いサポート

 

新規事業企画立案

事業参入支援

多様な健康関連事業を通じて蓄積した知財を活用した、ヘルスケア領域で新規事業や事業拡大を企図する企業向け事業企画立案支援サービス

 

生活領域

 
生活領域においても、顧客価値還元プラットフォームを中核に、多様な事業を展開しています。

顧客価値評価サービス

マイバリュー™

顧客の質が大きくサービス品質や事業効率に影響する業種(飲食・旅館業/カーシェアなど)向けに顧客価値を評価するクラウドサービス

 

火災後のサポート

After119R™

火災罹災者の方に、駆けつけて各種手配や物資提供、財産保全、家屋建築などを代行あるいは同行して、罹災直後から生活再建するまでサポート

 

貸別荘紹介

The Villa™

余剰な別荘を貸し出し補修管理費用を捻出して不良資産化を防ぎ、地域の活性化や災害時の備蓄基地として活用するための集客サイト
http://thevilla.jp/

 

News

News

2016/12/28

【レグラル】コーポレートサイトのリニューアル

株式会社レグラルは、事業拡大に伴い、多様化した事業に合わせてコーポレートサイトのリニューアルを行い、公開しました。より多くの方にご覧いただけると幸甚です。
レグラルコーポレートサイト
http://www.legral.co.jp/

2016/8/30

【マイリスク】広島県向け提供開始

マイリスク™を広島県向けに提供開始しました。

2016/8/4

【マイリスク】マイリスク™ フロントエンドシステムver2リリース

マイリスク™のフロントエンドシステムの開発が完了し、マイリスク フロントエンドシステムver2としてリリースしました。他のサービスと同様にWebAPIに準拠し、予測ロジックver2によるリスク計算システムに対応しました。
マイリスクサイト
https://myrisk.jp/

2016/3/25

【マイリスク】広島県により選定

マイリスク™が平成28年度広島県健康リスク予測分析業務に選定されました。
広島県により県内国民健康保険の被保険者および広島県庁職員の方に、疾病予防・重症化予防施策としてマイリスクが提供される予定です。
広島県ホームページ
平成28年度広島県健康リスク予測分析業務公募型プロポーザルの審査結果について

2014/12/15

【The Villa】正式公開

伊豆高級大型貸別荘紹介サイト”The Villa™"正式公開しました。
The Villaサイト

2013/9/1

【マイリスク】マイリスク™ リスク計算システムver2リリース

マイリスク™のリスク計算システムの開発が完了し、マイリスク リスク計算システムver2としてリリースしました。予測ロジックver2に準拠しWebAPI化して、フロントエンド/業務システムとの連携を容易にしました。
マイリスクサイト
https://myrisk.jp/

2011/9/1

【マイリスク】東京都助成事業に選定

マイリスク™が東京都地域中小企業応援ファンド 地域資源活用イノベーション創出助成事業に採択されました。
東京都中小企業振興公社HP


About Us

Company

会社概要

会社名

株式会社 レグラル / LEGRAL Co., Ltd.

本社所在地

〒154-0003 東京都世田谷区野沢4丁目20番3号

代表者

代表取締役社長 山本直樹

設立

2009年7月

資本金

10,000,000円(2016年12月1日現在)

取引銀行

三菱東京UFJ銀行 横浜西口支店

Principle

経営理念
~合理を誠実に~

社会や産業が抱える矛盾や不合理を再整理・再構築し、健全な姿に転換するため、
愚直に、誠実に、真っ向から向き合っていきたい。
レグラルは、合理【legitimate】と誠実【integrity】という、二つの意味を込めた造語です。
“Leading Thoughts”というスローガンの下、社会や産業に対する新しい価値の提供を牽引してまいります。

Representative

代表 山本直樹

1994年東京大学工学部機械情報工学科卒業、NTTデータ・アクセンチュアなどを経て、株式会社レグラルを設立。 (2011年1月より代表取締役)広島県広島市出身。
旧職では、郵政省・総務省等官公庁において通信政策立案・電子政府関連プロジェクト、業績不振企業の再建、航空会社などにおける各種コンサルティングを実施。 特に郵政民営化では、シナリオ策定・経営基盤整備などを陣頭指揮。

メッセージ

少子高齢化が猛烈な勢いで進行し、産業は成熟し途上国からの追い上げを受けている日本は、これまでのような生活水準を維持することさえも容易なことではありません。しかしながら、社会システムにはまだまだ無駄や非効率な部分は多く、根拠のない経済成長期待を抱きながら放っておくのではなく、まずは合理的な社会システムへ移行することに尽力すべきではないでしょうか。核家族化が進み社会コミュニティからのプレッシャーがなくなりつつある昨今、ワガママな顧客の言い分ばかりがまかり通り、節度ある優良顧客は増える負担の肩代わりをして逆差別に会うことになりました。この悪循環を好転させ、日本の国力や活力を最大限に活かすことこそ、現代の日本人に課された課題と考え、微力ながら貢献すべく事業展開しております。


Contact

Contact

ご要望やご質問などございましたら、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。
返信までに、数日かかる場合もございます。あらかじめご了承ください。
弊社はBtoBを専業としており、個人の方からのお問い合わせは受け付けておりません。
※印の項目は必須項目です。