マイリスクロゴマーク

健康リスク予測サービス

概要

健康診断の結果などから、入院確率や健康余命など幅広く一般の方にもわかりやすい健康リスクを予測するサービスです。健康リスクはWebやアプリ、印刷レポートでわかりやすく伝えられるほか、WebAPIを通じて各種業務用途に組み込むことができます。
さらに測定機器やウェアラブルと連携し、自動で健康リスクをアップデートしたり、実際の日常活動が将来の健康リスクへ与える影響を随時お知らせするプッシュ配信なども可能です。

マイリスク概要

主な機能

1|健康リスク計算

30を超える健康診断項目から、入院リスク(確率/日数/費用)・死亡リスク(確率/原因)・生活習慣病のかかりやすさ・健康余命・リスク年齢・健康レベルなど多様な健康リスクを算出します。専門的で難しい検査結果を誰にとっても理解しやすい健康リスクに変換し、じぶんの健康を身近に実感できるものとします。※最少3項目から利用可能

健康リスク計算

 

2|要因分析

同性同年齢の平均や過去の検査結果と比べて、現在のじぶんの検査結果の良いところ/良くなったところ、悪いところ/悪くなったところを検査項目ごとの健康リスクへのインパクトとして示します。改善すると健康リスクが大きく低減する検査項目や不摂生して大きく悪化した項目が明確になり、生活改善の重要なヒントが得られます。

要因分析

 

3|将来体重推計

運動を頑張ったり食事をコントロールしても、日々の体重は徐々にしか変化しません。現在の頑張りを継続した場合に、将来体重がどのように変化していき、その結果として期待できる健康リスクの変化を示します。事前に効果を把握できるため、努力を継続するモチベーションとなります。

将来体重推計

 

4|シミュレーション

検査結果や生活習慣の変化で健康リスクがどれだけ変動するかをシミュレーションできます。じぶんで血圧管理や運動など、生活習慣の改善努力と健康リスク改善効果を試算して確認できるため、納得のいく改善目標を立てることができます。

シミュレーション

 

5|ランキング

じぶん一人では改善努力を継続することは難しいものです。同性同年齢のユーザー間でリスク年齢の若さを競います。他のユーザーの頑張りや実在する同年齢の健康優良者を刺激に健康増進意欲をかき立てます。

ランキング

ご利用形態

独自サービスを構築される企業・団体向け

WebAPI

WebAPI

マイリスクの中核である計算エンジンの機能を汎用的な16のWebAPIを通じてフルに柔軟にご活用いただけます。健康リスク計算からシミュレーション、ランキング、将来体重推計など主要な計算機能の他、ユーザー登録/削除や利用状況/分布状況の取得など、サービス構築に必要な機能を網羅しています。

標準サービスを容易に利用したい企業・団体向け

Webフロントエンド

Webフロントエンド

Webブラウザで、標準サービス(マイレポート・データ入力・シミュレーション・ランキングなど)を簡単にご利用いただけます。ご利用を促進するため、既存のユーザー認証基盤と連携することをおすすめしています。

マイリスク.jpロゴ

(マイリスクWebサイト)

スマホアプリ

スマホアプリ

Webサービスと同様の標準サービスに加えて、日常測定(体重計/血圧計など)データの自動入力による健康リスクアップデートや毎日の運動や食事摂取データの自動取得による将来体重や健康リスクの予測を行い、プッシュ通知して日々の健康意識を高めます。

印刷レポート

印刷レポート

インターネット環境をご利用いただけない方やユーザー認証基盤のない環境で、マイリスクの基本サービス(マイレポートの抜粋)をご利用いただくことができます。印刷されたレポートが郵送されるため、確実にご覧いただくことが可能となります。

特徴

特定の疾患に限らず、入院/死亡確率や健康余命など幅広く一般の方にもわかりやすい健康リスクを提示します。また、性別年齢別平均と比べた倍率や相当年齢など相対指標(実年齢の平均と比べて良い/悪い)だけでなく、確率や日数/年数といった絶対指標も提示できるため、健康や生活への影響の大きさを実感することができます。

体重や血圧、糖質/脂質などの血液検査、尿検査、眼底検査、心電図検査など幅広い検査項目に加え、飲酒/喫煙などの生活習慣や既往歴まで、30超の項目をインプットとして健康リスクが計算されるため、多様なじぶんの健康特性が反映した結果が得られます。※身長・体重・血圧だけでもご利用可能ですが、より多くのデータ入力を推奨しています。

検査項目ごとの健康リスクへのインパクト(好影響/悪影響)がわかるため、どの項目を改善すべきか健康増進に向けた有効なヒントが得られます。また、検査項目や運動など生活習慣の改善時にどれだけ健康リスクを低減することができるかシミュレーションが可能なため、じぶんで納得して改善目標を設定することができます。

運動や食事の改善による将来の体重推移を予測し、体重変化による血圧など他の項目への影響も考慮した将来の健康リスク予想も行うことが可能です。運動や食事など生活習慣を改善してもすぐには健康にはなれませんが、努力を継続すればやがてよくなる健康リスクを定期的に配信することができるため、生活改善の習慣化への意欲を刺激します。

マイリスクユーザー間でリスク年齢のランキングを開示できるため、相互に刺激し合い、実在の健康優良者を目標とした改善意識を醸成します。

健康リスクの予測ロジックは、100万人規模のデータをもとに、疫学の専門家が実績のある手法を用いて開発/改良を行ってきました。10年を超える実績もあり、高い信頼を誇ります。

導入企業/保険者様は、Webやアプリの標準サービスを容易に利用できますが、ユーザーアカウント環境がない場合でも、印刷レポートでご利用いただけます。さらに、充実した16ものWebAPIをご活用いただければ、採用企業様の業務システムに健康リスクを組み込み、独自の健康サービスを構築していただくことが可能です。

モデル

健康は多様な因子の影響を受け、長期にわたる日常活動の蓄積の結果ということができます。その結果は、罹患や入院にとどまらず、医療費負担、さらに保険者の持続性にも影響を及ぼします。レグラルは長年にわたり、より幅広い影響因子を取り込み、より深い因果関係をモデル化する研究開発を進めてきました。この広く深いモデルによって、多岐にわたるお客様のご要望にお応えします。

因果関係モデル

スキーム

マイリスクは、顧客企業・団体を通じてBtoBtoCの形態で提供しており、直接個人ユーザーの方には提供しておりません。
弊社あるいはライセンス供与先の日立製作所とマイリスク利用契約を締結した健康保険組合・企業・自治体・保険会社・健康サービス事業者などの加入者や従業員、お客様にご利用いただくことができます。
自社の従業員への提供のみならず、一般個人への健康関連サービスの提供を検討されている企業の方で、マイリスクにご興味を持たれましたら、お気軽にお問合せください。